Life in Asahikawa

北海道旭川市での生活と子育て

子連れで行くオーストラリア旅行!知っておいて 得しかしない航空券の取り方

calendar

2017年3月にジェットスターで
新千歳-成田経由で3歳の娘と9か月の息子と
ケアンズとシドニーに
行きました。

私は以前旅行代理店で働いていた
経験があり、ホテルや航空券などは
自分が納得するホテルのレベルで最安値で
購入しないと気がすみません。

航空券も航空会社の良し悪しと
値段が上手くマッチした最安値で
取りたいと思ってしまいます。

今回は格安で航空券をとるコツを
教えます。

子連れの旅行となると3歳以上の
場合は子どもにもお金がかかります。

できるだけ安く航空券代を
抑えて現地で遊ぶお金を
増やしましょう!

海外旅行に行くときは早目に
予定を
立てるのが鉄則!

航空券を格安で取る上で
1番重要なのは旅行日程を
できるだけ早く決めると
いうことです。

まずはなぜ早く航空券を購入すれば
安く済むかということを説明します。

例えば、Aという航空会社の
成田からケアンズ行きの飛行機の
エコノミー席が100席あったとします。

その時、航空会社は
10席分を1000円
20席分を2000円
30席分を3000円
40席分を10000円で売ろう!と
価格を決めます。

もちろん、このエコノミー席に何の
違いもありません。

食事の内容も全く一緒です。

同じ席ならもちろん安い席が
いいですよね?

そうすると1番最初に売れるのは
1000円の席になります。

10席分が売れてしまうと、次は
価格が2000円に上がります。

このように時間が経って
出発日に近いほど席は売れてしまい
“値段が上がる”ように感じるわけです。

同じエコノミーの席でも
もしかしたら隣に座っている人は
自分の何倍ものお金を払って
航空券を購入した人かもしれません。

そのため、旅行の日程はできるだけ
早目に調整をし、席は最安値で
確保することをおススメします。

最安値で航空券を購入する
検索の仕方

次に最安値の航空会社を探す方法です。

最近は1度に各航空会社の料金を
比較できるサイトがたくさん
出てきました。

とっても便利で使いやすいです。

まずは、自分が1番使いやすい
比較サイトを1つ見つけます。

比較サイトが分からない場合は
googleやYahooで
“新千歳からケアンズ”と
検索してみましょう。

私はgoogle flightsが最初に出てきたため
それを使う事にしました。

自分の希望の日付を入力します。

すると安い順番にフライトが
表示されます。

私が選んだ日付ではジェットスターが
1番安い料金で出てきました。

もし、旅行の日程が2,3日前後しても
大丈夫という人は週末は避けた方が
安くなる時もあります。

航空会社によっては週末料金を
加算するところがあるからです。

行きや戻りの日付が週末にかかると
$100プラスなんてことがよくあります。

日付が何カ月も先(10か月以上先)の場合は
一旦料金を確認しつつ
少し待ちます。

ジェットスターはランダムに
セールをやるときがあります。

ジェットスターのホームページに行き
My jetstar登録をしましょう。

My jetstarに登録をすると
メールマガジンでセールの情報を
メールで送信してくれるため
最安値で買える時を逃しません。

また、あまり早すぎても各航空会社が
まだ格安の料金を出していないのかも
しれません。

ものすごく高い料金しか検索結果に
出てこない場合はまだ安い値段が
出ていない可能性が大きいので
またしばらくしてから検索をしましょう。

セール情報を待つ間も
数日に1度は価格のチェックをしましょう。

google flightsでは行きたい場所と
日にちを設定しておけば料金の
変動があった場合メールで
知らせてくれます。

必ず登録しておきましょう。

ちなみに私がジェットスターの
2017年2月28日出発分の航空券を購入した
日付は2016年6月24日でした。

予定が決まってすぐmyjetstarに
登録しておいたので
セールの時の
最安値で買う事ができました。

LCC航空会社を使うときの
絶対に
知っておかないと
いけない注意点

ジェットスターを使う際は他のJALやANAを
使う時とは違い注意が必要です。

それは全てに関して料金が追加でかかる
いうことです。

↓のクッションやらのセットは$15です。

子連れ オーストラリア旅行

そのため本当にジェットスターが
安いかどうかを調べる時は
席の指定や機内食の購入
手荷物の料金など自分が必要な
オプションを全て合せた
最終的な合計金額で
他の航空会社と比べなければ
いけないということです。

それを知りたい場合は
実際にジェットスターの
ホームページで搭乗者の名前
年齢を入力した後に追加したい
アイテムをセレクトして
金額を出さなければいけません。

支払画面が出るところまで
いかないと分からないということです。

ちなみに他の行き先で航空券を
探していた時は追加料金を含めると
LCCよりANAの方が安かった時が
ありました。

子連れの場合は座席指定の
料金を払って席を指定しないと
子供と離れ離れになってしまうので
必ず席の指定をしましょう。

ジェットスターにはスタータープラスと
呼ばれるプランがあり、それには
下記の物が含まれています。

スタータープラスに含まれているもの

*預ける荷物料金(20kgまで)/人
*座席指定
*機内食

もちろんこれを全部つけなくても席の
指定だけ、機内食だけという追加も
できるので
必要なものは
航空券購入時に
追加しましょう。

事前に座席指定や預け荷物を
インターネットで支払いを
していない場合、当日
空港カウンターではものすごく
高い料金を取られるので
注意してください。

航空券購入時に追加すると最安値で
オプション追加することができます。

ジェットスターの各オプション料金について

ちなみに預ける荷物料金(受託手荷物) 
札幌からケアンズの場合が下記になります。

*15kg ¥4100/個
*20kg ¥5100/個
*25kg ¥6000/個
*30kg ¥8200/個
*35kg ¥9100/個
*40kg ¥10100/個

座席指定料金:

札幌から東京 ¥660
東京からケアンズ ¥700

機内食の料金:

札幌から東京

★温かい食事★

ココナッツチキンカレー ¥900
豆腐ステーキ丼     ¥900

★軽食★
タコスベーグルサンド  ¥600
カレーパン       ¥550
焼きおにぎり      ¥500
ジェットスターオリジナル
なごみどら焼き  ¥450

東京からケアンズ

お食事セット    ¥2250
おトクなお食事セットをお選び
いただくと、
デザートや
紅茶・コーヒー・飲料水の

サービスに加え、フライト後半には
お菓子または朝食のご用意があります。

チャーシューチャーハン ¥2250
ローストチキン グレイビーソース  ¥2250
ナシゴレン      ¥2250
わくわくキッズセット ¥2170

☆温かい食事は事前申し込みのみで
機内では買う事ができません

☆旅行先によって各オプション料金は
変わります

ジェットスターのバシネットの予約方法

子連れ オーストラリア旅行

ちなみに、今回は座席のいらない
赤ちゃんが
同伴だったため、
バシネットという
赤ちゃんを
寝かせるベッドがつけられる席を

リクエストしました。

航空会社にもよりますが
だいたい10kgまでの赤ちゃんがいる人が
使う事ができます。

子連れ オーストラリア旅行

ジェットスターではカスタマーサービスに
電話をすることができず全て
チャットのやり取りとなります。

まず、航空券を購入し、
予約番号(6ケタのアルファベットと数字が
組み合わさったもの)を伝え、
バシネット席のリクエストをしたいと伝えましょう。

リクエストは無料でできます。

ジェットスターではリクエストのみで
確約はしてもらえません。

バシネット席は当日空港での
先着順となるため、どうしても
バシネット席が
欲しいという方は
早めにカウンターで
チェックインを
しましょう。

当日、ケガをされている人等がいた場合は
バシネットの席はその人達が優先になります。

ジェットスターのお得な支払い方法

航空券の支払いはクレジットカードでの
支払いが一般的かと思いますが、
ジェットスターではクレジットカードの
支払いにも手数料がかかります。

もうここまでくると全てにお金が
かかってくることにイライラしてきます(笑)

搭乗者1名あたり、1予約区間ごとに
¥1,000の支払手数料がかかります。
(ジェットスター・マスターカードで
お支払いの場合を除く)

しかし、ジェットスターのバウチャーを
使うことで支払い手数料を
無料にすることができます。

フライトバウチャーとは

フライトバウチャーは、ジェットスターの
運賃や、受託手荷物や座席指定等の料金、
及び付随する手数料や税金の全部または一部の
支払にご利用いただけます。

ジェットスターウェブサイト、
コールセンターまたは空港カウンターで、
航空券のご購入・お支払いの際に、
バウチャー番号を入力またはお伝えください。

バウチャーの利用は、1枚につき1度のみで、
バウチャーに記載された方のみ利用が出来ます。

バウチャーの有効期限は、発行日から
183日間(約6ヶ月)です。

バウチャーは¥2500、¥5000、¥10000、
¥20000、¥30000、¥50000で
購入することができ、航空券代の差額は
返金されません。

そのため、座席指定や機内食など
うまく組み合わせて購入したバウチャーに
近い金額にすることでクレジットカードで
支払いをするより手数料が安くなる時が
あります。

注意が必要なのが・・・
バウチャーを購入できる
クレジットカードの
ブランドは
現在JCBだけです。

ジェットスターでオーストラリアに
行くときの裏ワザ

ジェットスターはJALと提携しています。

ジェットスターが1番安い料金と検索で出た時は
JALのホームページに行って
同じ日にちで検索をしてみましょう。

ジェットスターとJALは提携しているため
ジェットスターの機材とスタッフで運行を
しますが、JALの航空券として航空券が
発券されます。

手荷物の料金、座席指定、機内食なども
含まれた料金で表示されます。

もしかしたら、ジェットスターで
オプション追加した料金より
安く出てくる可能性があります。

JALのプレミアムエコノミーとして
座席を購入した場合はジェットスターの
ビジネスクラスに座ることができます。

JALの航空券として航空券の
購入をした後は、ジェットスターの
ホームページよりカスタマーサービスの
チャットをし、出発の日付、出発地、
搭乗者名などを伝え、ジェットスターの
予約番号を教えてもらう事が
必要になります。

そして、その予約番号を使って
ジェットスターのホームページで
座席の指定をしましょう。

予約確認のページへいき
苗字と予約番号を入力することで
旅程表を確認することができ
そこで座席指定もできます。

JALの予約番号を入れても
それはJALでしか使えないので
ジェットスターの予約番号の
取得が必要です。

コードシェア便をJALで発券するときの
注意すべきことがJALのホームページで
表示されますので必ず確認してください。

お客さまが選択された便は他航空会社運航のコードシェア便です。

空港における搭乗手続き、機内サービス、イレギュラー時の対応等は運航会社の規定に基づきますので、

同意のうえ、次画面へお進みください。

なお、手荷物の受託条件・許容量については、原則航空券を購入された航空会社の基準が適用に

なりますが、取り扱いが異なる場合があります。

また、18歳未満のお客さまのみのご旅行では、コードシェア便をご利用いただけない場合があります。

直接運航航空会社にご確認いただきますか、弊社までお電話でご確認をお願いします。

もしかしたら空港のジェットスター
カウンターの
係員の判断で
荷物が有料になったりするかも

しれないという事です。

しかし、メリットもあります。

ジェットスターに関してはフライトが
キャンセルに
なった場合など
翌日、もしくは翌々日に

振り返られるかもしれません。

しかし、JALで航空券を発券している
場合は、提携航空会社のカンタスやJALが
飛んでいる
ところへ乗継して
帰国できたりします。

フライトが欠航した場合などは
空港カウンターには
長蛇の列ができます。

電話もかなり繋がりにくくなることが
予想されます。

しかし、JALの場合は
カスタマーサービスにも
比較的電話が
つながりやすいため

便の振り替えももしかしたら電話で簡単に
解決できるかもしれません。

もう1つの裏ワザは
オーストラリア国内を
飛行機で
移動する人にとって便利な情報です。

ジェットスターでオーストラリア国内を
移動する場合、ジェットスターで航空券を
購入するのではなく、コードシェア便で
カンタス航空として購入すると
いうことです。

機材と乗務員はジェットスターの
ものですが
発券をカンタス航空で
してもらいます。

ジェットスターでは
オーストラリア国内でも
荷物の
オプション料金はかかります。

しかし、カンタス航空で航空券を
発券することで手荷物料金も
含まれます。(値段はジェットスターで
純正に買ったときと同じ値段)

それはカンタス航空では通常航空券代金に
手荷物の料金が含まれるからです。

預ける荷物の料金で航空券代の
合計は大きく変わってきます。

LCCはとてもお得にみえますが
実は高くついている場合もあります。

賢く調べてできるだけ安く航空券を
購入し、現地で遊ぶお金を増やしましょう♪

ちなみに、子連れでジェットスターの様な
LCCを使う事をおススメするか?と言ったら
はっきり言ってしないです。

ブランケットなども持ち込みしないと
いけないため、ただでさえ多い荷物に
余計なものがたくさん増えます。

離乳食などの準備もあらかじめ
必要となり荷物はもっと増えます。

私は帰りはシドニーからJALで
帰国しました。

本当にJALのスタッフの皆さんが
天使に見えました(笑)

オーストラリアは依然と違い
ほとんどジェットスターの独占路線と
なっています。

子連れでも少しでも快適な
旅になることを祈っています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す