Life in Asahikawa

北海道旭川市での生活と子育て

赤ちゃんとの海外旅行はいつからがベストなのか?

calendar

reload

赤ちゃんとの海外旅行はいつからがベストなのか?

赤ちゃんとの海外旅行、
まだ小さいからって

諦めていませんか?

私は赤ちゃんがまだ小さいからこそ
海外旅行に行くべきだと思います!

個人的には生後3ヶ月ぐらいから
寝返りをする前か、してからすぐ
ぐらいが1番ラクに楽しく
赤ちゃんにも負担がかからず
旅行ができるのではないかと
思っています。

赤ちゃんは小さければ小さいほど
ずっと寝ています。

飛行機の中でもおなかすいたり
おむつが汚くないときであれば
基本寝てくれていると思います。

耳ぬきが必要な離着陸のときは
おっぱいをあげたりミルクを
飲ませたりなどで対応すれば
赤ちゃんも飛行機にはすぐ
慣れてくれると思います。

飛行機の中は赤ちゃんが
うるさくて眠れないのでは
ないかと思う人も
いるかもしれません。

しかし、ジェットエンジンの音が
赤ちゃんがお腹にいたときの
音に似ているらしく
よく眠ってくれる赤ちゃんが
多いそうです。

ちなみにうちの2人の
子供も飛行機ではずっと寝てます。

ま、でも中には泣いちゃう赤ちゃんも
いると思います。

しかし、後ろのギャレーなどで
あやせば、飛行機の中は結構
エンジンの音でうるさいので
他の人もあまり気にならないのでは
ないかと思います。

赤ちゃんは基本寝ている時間の方が
長いので、体の中に時差という
概念がありません。

そのため、時差がある海外に
行っても、ずっと寝ているので
時差ボケはしません。

時差ボケではなく、旅行で
ちょっと疲れてしまったり
場所が変わった環境の変化で
少し機嫌が悪くなったりは
するかもしれません。

時差ボケについては大人の方が
きついかもしれません。

まだ歩いたり、反抗してくる
年齢ではないため
抱っこひもで抱っこさえしておけば
基本は大人の自由に行動ができます。

この自由に行動できるのが
何よりもありがたいです。

大きくなってくると
行きたくないだの、嫌だの
反抗してきます(笑)

ちなみに歩き始めると
歩きたくて仕方がない子供は、
おろして!!!
自分で歩く!!!と
かなりの意思表示を
してくるので旅行するときは
ちょっと辛いかもしれません 汗

なので、1番ラクに旅行したい場合は
歩く前までがリミットだと
考えます。

そして、小さな赤ちゃんを
連れての旅行の
最大のメリットが
席を取らない場合は
大人の約10%の料金で
航空券が買えるということです。

お膝の上に抱っこして座らせます。

lap child(ラップチャイルド)と言います。

海外旅行の場合は子どもは3歳から
子供料金(大人の75%の料金)になります。

値段がぐっと変わってくるので
この2,3歳という年齢は
重要な年齢になります。

小さいと赤ちゃんの記憶にも
残らないし、お金の無駄になると
思われる方もいるかもしれません。

しかし、私はどんな小さな
赤ちゃんだろうと
家族と楽しく過ごした
旅行の記憶は
赤ちゃんが大人になる過程に
とても重要な役目を果たすと
思っています。

前もってきちんと準備をしていけば
何かあった時も冷静に
対応することができ
楽しい旅行になると思います。

★小さな赤ちゃんを海外旅行に
連れていくのを反対している人の
コメントは受け付けません。

赤ちゃんを連れての旅行を
考えている方が少しでも楽しく
旅のプランを考えれればと思っています。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す